STAR - RTL DFT

RTL DFT はDFTエンジニアとデザイナーが、論理合成用のRTLをリリースする前にブロック、IP及びチップのレベルでデザインのDFT品質のチェックを行う事を可能とします。RTL DFTツールでは、ATPGのプロセスを早期に行い、すぐに精度の高いテスト・カバレッジを出力できます。RTLでのDRCとATPGプロセスの実行に加えて、このツールは、主流のDFTメソドロジに沿ったテスタビリティの改善とDFTのプランニングにも利用されます。

 

 

代表的なRTL DFTの機能:

  • 包括的なデザイン・ルール・チェックとカスタマイズ可能なDFT DRC
  • 論理合成の実行前に主流のATPGの利用が可能
  • テスタビリティの問題箇所をピンポイントで指摘
  • GUIベースのDFTのデバッグとテスト可能/不可のIPとブロックの箇所を抽出
  • 他のSTAR EDAツールとのシームレスな統合

STARのEDAツール群:

CAD開発者向けRTLデザイン・アプリケーションの開発環境:

Connection